57件(人気順)

並び替え
表示件数 終了したイベントを含む

劇団四季のスターたちの新しい演劇

ステージ  |  2011年03月10日

『オフ・オフ・ブロードウェイ』でチャレンジしたいことは何か

タグ:

藤舎貴生、“型破り”な長唄

ステージ  |  2011年01月13日

踊れる“口語体の長唄”を仕掛ける伝統芸能のプロデューサー

タグ:

元宝塚男役トップスター、水夏希

ステージ  |  2010年12月30日

新しいエンターテインメントの形『スミレ刑事の花咲く事件簿』

タグ:

舞台『アジア・ミーツ・アジア』

ステージ  |  2010年10月14日

遠く、知らなかった“アジア”に出会える場所

タグ:

中村勘三郎が目指す“今の歌舞伎”

ステージ  |  2010年07月22日

赤坂大歌舞伎2010『文七元結』、理解できて、泣いて笑える歌舞伎

タグ:

昔ながらの芝居、花園神社の野外劇

ステージ  |  2010年07月08日

『椿版 天保十二年のシェイクスピア』で酔いしれる夏の夜の夢

タグ:

もうひとつの『パッチギ!』

ステージ  |  2011年02月24日

羽原大介が、庶民・大衆に向けた、庶民・大衆の演劇『祖国へ』

タグ:

フラメンコの至宝、マリア・パヘス

ステージ  |  2011年02月17日

太陽を中心に惑星が回る動きにはリズムがあり、踊りは宇宙の中にある

タグ:

麻尋えりか、“女”としての芝居

ステージ  |  2011年02月10日

9年の宝塚男役を経てスカートを履く、“男”だから表現できる“女”

タグ:

恋をつらぬく、アンナ・カレーニナ

ステージ  |  2011年01月06日

元宝塚歌劇団の男役トップスターのWキャストで“悲劇のヒロイン”

タグ:

小野寺修二の取り組む『異邦人』

ステージ  |  2010年10月07日

もはや“異邦”ではなく、親近感さえ感じる“不条理”

タグ:

ヨーロッパで話題の舞台、日本上陸

ステージ  |  2010年08月26日

三島由紀夫と『アポクリフ』、国境、文化、宗教を超えた公演

タグ:

ノーギャラだが“本気”の舞台

ステージ  |  2010年08月19日

舞台芸術の原点を感じさせるエアースタジオの“信長”

タグ:

日本が誇る“ユーモア”、落語

ステージ  |  2010年08月05日

語りの芸術、“落語”で日本の夏を楽しむ

タグ:

フィジカルシアターの魅力

ステージ  |  2010年07月15日

生と死を体で表現する『空白に落ちた男』主演の首藤康之に聞く

タグ:

江戸時代のゴシップメディア

ステージ  |  2010年04月29日

17世紀日本の民衆が手にしたマスメディア『人形浄瑠璃文楽』

タグ:

“能面のような表情”は無表情か

ステージ  |  2010年04月22日

“異文化”を理解しようとする情熱があれば“Noh”は十分楽しめる

インタビュー:小池ミモザ

ステージ  |  2012年03月09日

モンテカルロ・バレエ団に所属するバレエダンサー

タグ:

世界で活躍する日本随一のインド舞踊家

ステージ  |  2011年07月19日

「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた日本人ダンサー、小野雅子

タグ:

“今”を表現する演出家、鴻上尚史

ステージ  |  2011年06月06日

今、一番必要な時に辞めてどうする?辞めることのほうがわからない

タグ:

Copyright © 2014 Time Out Tokyo